コピー品に注意することは?

コピー品とは、知的財産権を侵害した商品のことを指します。ブランド品や人気商品のコピー品がインターネットやオークションサイトなどで販売されることが多く、消費者に大きな被害をもたらしています。

スーパーコピー品を購入してしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • 品質が悪い
  • 安全性に問題がある
  • 返品や交換が受けられない
  • 知的財産権を侵害したことで訴訟の対象になる

コピー品を購入しないためには、以下の点に注意しましょう。

  • 販売価格が正規品と比べて極端に安い
  • 販売事業者の連絡先が不明
  • 商品説明に誤りがある

また、ブランド品や人気商品を購入する場合は、正規販売店で購入するようにしましょう。

コピー品と本物の見分け方

コピー品と本物の見分け方は、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • デザインや素材
  • ロゴや刻印
  • シリアルナンバー
  • 付属品

特に、ロゴや刻印はコピー品でよく偽造される部分です。また、シリアルナンバーは正規品には必ず付いています。

コピー品を見つけたら

コピー品を見つけたら、販売事業者や警察に通報しましょう。また、消費者庁の「偽ブランド品情報提供サイト」に情報提供することもできます。

コピー品は、知的財産権を侵害しただけでなく、消費者にさまざまな被害をもたらすものであり、決して購入してはいけません。正規品を購入することで、品質や安全性を確保し、知的財産権を守ることにもつながります。